諏訪通信ネットワーク
スポンサードリンク
製品情報 ダウンロード サポート お知らせ
- 目次 -

1.はじめに
1

2.適用
  バージョン
1

3.動作に
  必要なもの
1 2

4.インストール
  手順
3

5.使用する前の
  準備
4

6.ソフトウェア
  の使い方
5  6  7  8
9 10 11 12
13 14

7.エンジン情報
 センサ情報一覧
15 16 17
18

8.FAQ
19 20 21
22




コーヒーブレイク

VB6の長所と短所
なぜVB6を使うのか
VB6のトラブル集1
VB6のトラブル集2
UWPのトラブル集1
C言語のコメント作法
C言語の常識ルール



蓼科電研

クルマ整備技術サイト
蓼科電研オートモーティブ














ダイアグスキャナー 取扱説明書
ダイアグスキャナー 取扱説明書
5/22ページ
PDF版と内容が異なる場合があります。
一部に古いバージョンのままの記載があります。

概要説明に戻る ダウンロードする


□6.ソフトウェアの使い方

ソフトウェアが正しくインストールされている場合、Windowsのスタートメニューのプログラム一覧の中にDiagScanner のフォルダが作成され、デスクトップ上にはアイコンが表示されています。

a. 基本操作

(1) アイコンをクリックしてソフトウェアを起動します。
初回起動時は、環境構成により起動処理が完了するまでに1分程以上掛かる場合があります。

(2) はじめて起動するときには、使用許諾契約書が表示されます。
内容を読み、同意する場合は [同意する)] を選択し、[OK] ボタンを押します。
同意しない場合は、[キャンセル] をボタンを押してソフトウェアを終了させます。


(3) 車両通信器の検索が行われます。
自動的に検索をしているため、検索中は何もせずに待ちます。
パソコンに搭載されているCOMポートの状態によって検索時間が大きくなります。



(4) 車両通信器が検知できた場合、
ダイアグスキャナーのメイン画面が表示されます。



(5) 車両通信器を自動車のDLCコネクタに接続し、自動車のイグニッションキーをONにしてから[接続] ボタンを押します。
※イグニッションがOFFの場合、車両との通信ができません。




>4ページ目へ      5/22      >6ページ目へ


スポンサードリンク

 Copyright (C)1999-2021 SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.
ご利用条件