諏訪通信ネットワーク
スポンサードリンク
製品情報 ダウンロード サポート お知らせ

ソフトウェア

for Windows
ダイアグスキャナー
徒歩メーター
燃費ティーチャー
 概要
 できること
 外観
 注意事項
 仕様
 車両との通信に
 必要な機器

 対応可能な自動車
 よくある質問

 使い方
 1.インストール
 2.使う前の準備
   (ハード)

 3.音声ソフトの
  インストール

 4.使う前の準備
   (ソフト)

 5.速度誤差の修正
 6.音声機能の修正
 7.通信モードの設定
 8.燃費管理記録

カーナビを...

サンプリングメーター
みるCAN
CANレコーダー
CANレーベル



コーヒーブレイク

VB6の長所と短所
なぜVB6を使うのか
VB6のトラブル集1
VB6のトラブル集2
UWPのトラブル集1
C言語のコメント作法
C言語の常識ルール



蓼科電研

クルマ整備技術サイト
蓼科電研オートモーティブ














Nenpi Teacher 燃費ティーチャーの使い方1
Nenpi Teacher 燃費ティーチャー

詳細をみる ダウンロードする
目次
□1.インストール
□2.使う前の準備(ハード)
□3.音声ソフトのインストール
□4.使う前の準備(ソフト)
□5.速度誤差の修正
□6.音声機能の修正
□7.通信モードの設定
□8.燃費管理記録

 ※画面はVer1.11です。現行バージョンとレイアウトや表記が異なる場合があります。


□1.インストール

(1) Vectorのサイトからダウンロードします。
※通常は 「インストーラー付属版」 をダウンロードしてください。


(2) ZIP形式で圧縮されているので、解凍します。

(3) 解凍フォルダ内の setup.exe を起動してインストールします。




□2.使う前の準備(ハード)
よくある質問 もチェックしてみてください。

(1) パソコンにELM327を接続しておきます。
Bluetooth版を使用する場合は、(2) へ
USB版を使用する場合は、(3) へ

(2) Bluetooth版
WindowsとELM327をペアリングします。
Bluetoothドングル等に付属していた東芝製Bluetooth Stackや
IVT製 BlueSoleil などを使用してペアリングする場合は、
それらのソフトの取扱説明書に沿ってペアリングします。

Windows10タブレットの場合は、OS標準の機能を使用してペアリングします。
[設定] → [デバイス] → [Bluetooth] を開きます。


@ デバイスを選択


A Bluetoothを選択


B Bluetooth がOFFになっている場合はON
該当する ペアリングの準備完了 をクリック


C ペアリング を選択


D パスコードを入力して 次へ を選択
パスコードは通常、1234


E OBDII 接続済み と表示されればOK



USB接続のBluetoothドングルを使用する場合は、ドングル付属のアプリを使用してペアリングします。

(3) USB版
Windows10は、USBコネクタを指したときに自動でインターネット経由でドライバがダウンロード&インストールされます。 Windows7以前の場合は、手動でドライバをダウンロードしてインストールします。
ドライバについての詳細は、よくある質問 の Q7 を参照してください。




□3.音声ソフトのインストール

燃費ティーチャーには、加速時の燃費を音声でお知らせする機能があります。




この機能を有効にするには、以下の2つのランタイムがインストールされている
必要があります。

@ Microsoft Speech Platform - Runtime (Version 11)
  音声で読み上げるエンジンランタイムです。
  https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27225 より
  x86_SpeechPlatformRuntime\SpeechPlatformRuntime.msi
  を探してダウンロードし、インストールします。
  OSが64bitでも、32bit(x86)版をインストールしてください。

A Microsoft Speech Platform - Runtime Languages (Version 11)
  音声で読み上げるための日本語ライブラリです。
  https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27224 より
  [Download] ボタンを押して表示されるライブラリのリストから、
  MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi
  を探してダウンロードし、インストールします。



上記のランタイムがそれぞれ正常にインストールされている場合、
燃費ティーチャーを起動させたときに、図の赤枠内に示すアイコンが表示されます。






□1.インストール へ戻る
□2.使う前の準備(ハード) へ戻る
□3.音声ソフトのインストール   ←ここまで完了
□4.使う前の準備(ソフト)  に進む
□5.速度誤差の修正 に進む
□6.音声機能の修正 に進む
□7.通信モードの設定 に進む
□8.燃費管理記録 に進む




スポンサードリンク

 Copyright (C)1999-2021 SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.
ご利用条件