諏訪通信ネットワーク
スポンサードリンク
製品情報 ダウンロード サポート お知らせ
スポンサードリンク

ソフトウェア

for Windows
ダイアグスキャナー
徒歩メーター
 概要
 できること
 外観
 仕様
 車両との通信に
 必要な機器

 対応可能な自動車
 よくある質問

燃費ティーチャー
カーナビを...

サンプリングメーター
みるCAN
CANレコーダー
CANレーベル



コーヒーブレイク

VB6の長所と短所
なぜVB6を使うのか
VB6のトラブル集1
VB6のトラブル集2
UWPのトラブル集1



蓼科電研

クルマ整備技術サイト
蓼科電研オートモーティブ














Toho Meter 徒歩メーターの使い方
徒歩メーターの使い方

詳細をみる ダウンロードする
目次
□1.インストール
□2.使う前の準備(ハード)
□3.使う前の準備(ソフト)
□4.速度誤差の修正

 ※画面はVer1.12です。現行バージョンとレイアウトや表記が異なる場合があります。


□1.インストール

(1) Vectorのサイトからダウンロードします。
※通常はインストーラー付属版をダウンロードしてください。


(2) ZIP形式で圧縮されているので、解凍します。

(3) 解凍フォルダ内のSetup.exeを起動してインストールします。
※詳細な手順は、PDFの取扱説明書に記載しています。




□2.使う前の準備(ハード)
※詳細は、PDFの取扱説明書にも記載しています。
よくある質問 もチェックしてみてください。

(1) パソコンにELM327を接続しておきます。
Bluetooth版を使用する場合は、(2)へ
USB版を使用する場合は、(3)へ

(2) Bluetooth版
WindowsとELM327をペアリングしておきます。 Windows10タブレットの場合は、[設定] → [デバイス] → [Bluetooth] でペアリングします。


@ デバイスを選択


A Bluetoothを選択


B Bluetooth がOFFになっている場合はON
該当する ペアリングの準備完了 をクリック


C ペアリング を選択


D パスコードを入力して 次へ を選択
パスコードは通常、1234


E OBDII 接続済み と表示されればOK



USB接続のBluetoothドングルを使用する場合は、ドングル付属のアプリを使用してペアリングします。

(3) USB版
Windows10は、USBコネクタを指したときに自動でインターネット経由でドライバがダウンロード&インストールされます。 Windows7以前の場合は、手動でドライバをダウンロードしてインストールします。 よくある質問 の Q7 を参照してください。


スポンサードリンク



□3.使う前の準備(ソフト)
※ソフトの起動方法等は、PDFの取扱説明書に記載しています。

初期設定の場合、アイドリング時や加速時の燃費が反映されません。 ガソリンは、加速時にたくさん消費します。 一定速度での走行時や減速時はほとんどガソリンを消費しません。 アイドリングでも数円のガソリンを消費しています。

(1) 設定アイコンをクリックします。

(2) ガソリン価格を給油時の1リットルの価格に変更します。
ガソリン代計算方式を エンジン動作状態から算出 に変更します。 排気量をクルマのカタログ通りの値に変更します。 気筒数をエンジンスペック通りの値に変更します。

(3) スロットルセンサの学習をします。
徒歩メーターでは、スロットルセンサの状態を細かく監視しています。 アクセルの踏み具合によって細かく燃費が変化するため、 アクセルから足を離して全閉の状態を初期値として学習させます。

(4) センサの学習は、エンジンを掛けた状態で行います。
エアコンやライト、カーオーディオ等はすべてOFFにします。 ハザードやウインカーもOFFにします。 パワーウィンドウも操作しないでください。
シフトポジションはPの位置にします。 マニュアル車の場合はNの位置にして、サイドブレーキを引いた状態にします。
ブレーキペダルやアクセルから足を離してください。 水温計の針が中心付近まで上昇してアイドリングが安定している状態で、 取得ボタンを押します。

(5) 以上の設定が完了したら、OK ボタンを押して終了します。
右上の[×]ボタンを押してウィンドウを閉じると、設定がキャンセルされます。



□4.速度誤差の修正
速度には誤差があるため、燃費計算にも誤差が発生します。
インチアップでタイヤサイズを変更した場合には、誤差が大きくなります。
※道路交通法の対象となる場所での調整は絶対に行わないでください
※調整は自分の土地で安全を確認した上で行います
※走行距離は10mのメジャーなどを道路に固定して測定します


(1) 例えば、一般道の白線は5mの長さで5m間隔で引かれています。
5本の白線の端から端まで走行すれば45mです。
徒歩メーターの距離表示が45mのときは、速度に誤差がありません。

(2) 距離表示が45mのときに5本目の白線を踏んでいれば、
速度のプラス誤差が大きい(タイヤ外径が小さい)ことになります。
設定の詳細にある速度の赤枠内を、1未満の値に変更します。


(3) 距離表示が45mのときに5本目の白線の端を大きく超えていれば、
速度のマイナス誤差が大きい(タイヤ外径が大きい)ことになります。
設定の詳細にある速度の赤枠内を、1以上の値に変更します。


(4) 設定の詳細にある距離のパラメーターは、基本的に変更しません。
速度表示は正しいのに、距離表示がおかしいと感じる場合のみ、
値を変更してみてください。



スポンサードリンク

 Copyright (C)1999-2021 SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.
ご利用条件