Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK.
All Rights Reserved. スマホ版 TOPへ戻る

No.0019 2021.3.14




ルネサス RX621 (9) デバッグ時にレジスタの値を確認してみる






□ 1.レジスタは変数のように確認できない



例えばデジタル入力のPD2の状態を確認したいとします。
レジスタのビットを指す部分(B2)やレジスタ名(PORTD)にマウスカーソルを置いても値が表示されません。




ウォッチに登録しても?表示になってしまいます。









□ 2.IORを使う

レジスタの値は、IORウィンドウで確認できます。




IORウィンドウです。すべてのレジスタがABC順で並んでいます。




PORTDを開くと、ポートDに関係するすべてのレジスタが確認できます。




PORTD.PORT.BIT.B2 も、以下のように確認できます。




IORレジスタからウォッチに登録することもできます。 ウォッチしたい項目を選択して、右クリックでメニューを表示させます。




ウォッチのウィンドウに登録されました。 これでブレイクを掛けたときに、変数と一緒にレジスタ値が確認できます。









次のレポート
>> ルネサス RX621 (10) タイマー機能を使ってみる


前のレポート
<< ルネサス RX621 (8) 割り込み入力を使ってみる



TOPへ戻る


ご利用条件
 Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.