Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK.
All Rights Reserved. TOPへ戻る

No.2513 2020.10.26




BMW E46 リア コントロール アームブッシュ 交換






□ 1.フロントのようには劣化しない

リア コントロール アームブッシュですが、交換してもあまり意味がありません。
フロントは定期交換部品ですが、リアは10万キロ走行しても問題ありません。
交換前のブッシュにゴムの割れ等はありませんでした。
純正品番は、33326770786 です。






□ 2.リア コントロール アームブッシュの交換

交換はかなり大変です。
冒頭で説明した通り、ヘタる部品ではなく、交換しても効果が感じられません。
リアは、ナックルの上側、部品図の2番のボールジョイントが弱い部品です。


最初に車輪速センサー等のハーネスを外します。
爪の個所がかなり多いので大変です。







爪はネイルドライバー等の先をを溝に填めて引き起こすように外します。
爪は割れやすいので予備で5〜6個ほど準備しておいたほうが良いです。






ブレーキパッドのセンサーも外します。




ブレーキホースのここの部分も外します。六角ナットが錆びていてナメやすいので、浸透潤滑剤等で慣らして穴を掃除しておきます。




ブレーキホースを外します。U字金具は大きなマイナスドライバー等で外します。U字金具が錆びていて外れにくいので、浸透潤滑剤等で慣らしておきます。




リアショックを外します。
取り付けるときは、油圧ジャッキ等でナックル側を持ち上げる必要があります。




リア コントロール アームのジョイントを外します。
3か所のボルトで留まっています。 事前にマーキングしておくと、取り付ける時にアライメントが狂いにくくなります。




リア コントロール アームを下に押し下げます。
サイドブレーキは解除しておきます。解除しないとアームが動きません。
2x4の木材等を挟んでおくと、作業がしやすくなります。




ジョイントの金具を外した状態です。




ブッシュの赤枠の部分を、タガネ等で折り曲げます。アームが見えるようにしないと、専用工具が使用できません。
タガネ等を使うときは、アーム側に傷を付けないように注意します。




ブッシュは、専用工具を使用して引き抜きます。取り付けるときも専用工具が必要です。





新しいブッシュを取り付けた状態です。 今回は社外品を使用しました。新しいブッシュには、専用工具の邪魔になる突起がありませんでした。






スポンサードリンク

TOPへ戻る


ご利用条件
 Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.