Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK.
All Rights Reserved. TOPへ戻る

No.2502 2020.10.5




BMW E46 ヒーターバルブ 交換






□ 1.暖房の効きが悪い

メルセデスでエアコンの効きが悪い場合は、ヒーターバルブが原因であることが多いようです。
BMW E46では、ヒーターバルブが故障したときは暖房の効きが悪くなるようです。
交換作業はE46の中でも簡単な部類で、他車種と比べても簡単にできます。
部品品番は、64118369805 です。正式名称は「ウォーターバルブ」です。









□ 2.ヒーターバルブの交換

エアクリーナボックスを外します。 エアダクトの4ヶ所の樹脂クリップを外し、 2か所のボルトを外し、エアフロメーターが固定されているクリップを外せば、 ボックスを抜くことができます。 BMW E46のメンテナンスでは基本中の基本の作業です。
矢印の部分が、ヒーターバルブです。





コネクタを外します。




上から覗くとホースがバンドで留まっているのが分かります。
スクリューを長い小さいソケットレンチかマイナスドライバーで回し、バンドを緩めます。





ヒータバルブはゴムブーツ3か所でブラケットに嵌っているだけです。 上に引き抜けば、簡単に外れます。





取り外したバルブです。振ると中でシャカシャカとバルブが動く音がします。 新品の交換品は振っても音がしないため、この辺の機構に問題があるようです。




取り付けは逆の手順で行います。バンドの締め付けトルクには注意します。 (強く締めすぎるとバルブやホースの破損に繋がります。) すべて取り付けたら、最後にLLCを補充してエア抜きをします。 エア抜きの細かい方法は、以下で紹介しています。

 レポートNo.2050 BMW E46 3シリーズ ラジエーター 交換




スポンサードリンク

TOPへ戻る


ご利用条件
 Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.