Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK.
All Rights Reserved. TOPへ戻る

No.2042 2019.8.26




スズキ アルト HA25S HA25V ヘッドカバー ガスケット 交換 オイル漏れ






□ 1.シリンダーヘッドカバーからのオイル漏れ

スズキのエンジンは、シリンダーヘッドカバーのガスケットが劣化してオイルが漏れるようです。
まるでBMWのような症状です。
プラグホールへの漏れは特に酷く、イグニッションコイルやスパークプラグががベトベトになります。






□ 2.ガスケット交換

ラバーパッキンのガスケットは、純正品ではなく社外品を使用します。
定番の不具合のようで、色々な会社から社外品が出ています。
今回は大野ゴムの SP-0097T を使用しました。1000円くらいで購入できます。 純正品番は 11189-85K30 です。純正品のほうが安心に思うかもしれませんが、 今回不具合を起こしているのは純正のラバーパッキンです。 今回は11197-58J51 という200円くらいのヘッドカバーとインマニを繋ぐゴムパッキンも劣化しているため交換します。




外したヘッドカバーです。ゴムパッキンが劣化、硬化してボロボロです。




シリンダーヘッド側です。カバーを外すときに崩れ落ちたゴム片が落ちているので、 漏れなくピンセットで取り除きます。灰色っぽい液体ガスケットの屑も落ちています。




プラグホールにはオイルが溜まっているので、プラグを外してキッチンペーパーなどで 完全に拭き取ります。割り箸等を使うと簡単に掃除できます。




ラバーパッキンのガスケットは、ヘッドカバー側に取り付けます。 カバーをシリンダーヘッドに取り付けるときは、写真の赤丸6か所に液体ガスケットを塗布します。 タイミングチェーンは繋ぎ目の部分、カムシャフトエンドの半月隅の尖った部分に塗布します。




ヘッドカバーとインマニを繋ぐゴムパッキンは、写真の突起がはまる部分の ヘッドカバー側に取り付けます。インマニを組み付けるときは、ゴムパッキンにシリコングリース等を塗布しておきます。




以上、慣れれば30分ぐらいで簡単にできる作業です。


スポンサードリンク

TOPへ戻る


ご利用条件
 Copyright (C)SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.